首位チームに土をつけたのは、セレッソ大阪だった。

5月25日に行われたJ1・第13節のFC東京戦。無敗を維持していたアウェイチームとの一戦は、我慢比べの展開となったが、90分を通して集中を切らさず戦い抜いたセレッソが見事な完封勝利を収めた。

新監督に東京ヴェルディを率いていたロティーナ氏を迎えた今シーズン。13試合を終えて9位とやや煮え切らない序盤戦を過ごしたが、ここ数試合は布陣変更が功を奏し、上昇の気配を醸し出している。

今回の当コラムでは、そんなセレッソの現状にフォーカスしていきたい。

■ここ最近の基本形は4-4-2

セレッソ大阪

ロティーナ監督は3バックと4バックを併用することでお馴染みだが、10節の松本山雅戦からオーソドックスな「4-4-2」を本格採用中だ。

守護神はキム・ジンヒョンで、最終ラインは右から松田陸、マテイ・ヨニッチ、木本恭生または瀬古歩夢、丸橋祐介というセット。

ダブルボランチは藤田直之と奥埜博亮またはレアンドロ・デサバト。サイドハーフは右に水沼宏太、左は清武弘嗣がスターターで、後半途中から田中亜土夢と片山瑛一に切り替わる。

2トップはブルーノ・メンデスを軸に高木俊幸、奥埜、柿谷曜一朗が起用されている。