欧州各地で行われているEURO予選。スペインは敵地でのフェロー諸島戦に1-4で勝利した。

『Marca』によれば、この試合に先発出場したスペイン代表FWアルバロ・モラタがある事件に巻き込まれていたようだ。

チェルシーからローン中の彼の自宅に武装した強盗が侵入していたという。本人は代表戦のために不在だったが、家族は自宅にいたそう…。

強盗たちは高価な金品だけでなく、思い出の品まで盗み去った。当時家にいた人達に怪我はなかったものの、心理的なショックを受けているとも。

【関連記事】代表MFが麻薬密売&強盗容疑で逮捕、その事情が悲しすぎる

警察が駆けつける前に犯人たちは逃走しており、捜査が始まっているものの、まだ逮捕者は出ていない。