『Sky』は12日、「マタイス・デ・リフトの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が、パリ・サンジェルマンとの交渉に臨んでいる」と報じた。

バルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、ユヴェントスなど多くのクラブに狙われているデ・リフト。

しかし、レポートによればパリ・サンジェルマンがかなり獲得に近づいているとのことで、ライオラ代理人は今後数日間で最終的な契約を結ぶためにパリを訪れているとも。

もしアヤックスからパリ・サンジェルマンに移籍することになれば、おそらく8000万ユーロ(およそ98.1億円)程度の取引になると考えられている。

ただ、『Mediaset』によれば、この獲得はブラジル代表DFマルキーニョスの放出を考慮したものだという。

25歳のマルキーニョスは2013年にパリ・サンジェルマンへ加入して以来長く活躍しているが、現在ユヴェントスへの移籍に近づいているとか。

【関連記事】あのデ・リフトを餌食に!天才サンチョがやった「超股抜き」 がこれだ

その場合移籍金はおよそ6000万ユーロ(およそ73.6億円)になるとのことで、デ・リフト獲得に必要な資金の穴埋めになりそうだ。