バイエルン・ミュンヘンが7連覇を果たしたブンデスリーガ。

前半戦は好調だったドルトムントは結局勝点差2ポイントの2位に終わった。

そうした中、『Bild』が仰天情報を伝えている。

それによれば、ドルトムントは元ドイツ代表DFマッツ・フメルスの買戻しを望んでいるという。

フメルスは1988年生まれの30歳。もとはバイエルンで育成されながら、ドルトムントで大成した選手だ。彼は2016年に古巣バイエルンに復帰し、2021年までの契約を結んでいる。

【関連記事】 「ライバルクラブへの“禁断の移籍”経験者で組むベストイレブン」

ドルトムントは来季の覇権奪還を本気で狙っており、フメルスの買い戻しを真剣に考慮しているという。

両クラブのすでに交渉は始まっており、バイエルンのニコ・コヴァチ監督は売却を認めたとも。