『El Univeruso』は18日、ウルグアイ代表GKフェルナンド・ムスレラのコメントを掲載した。

16日に行なわれた初戦でエクアドルを4-0で撃破し、いい形でコパ・アメリカをスタートさせたウルグアイ。第2節では日本代表との対戦を迎える。

それを前にした記者会見に出席した守護神ムスレラは、日本代表について以下のように話したとのこと。

フェルナンド・ムスレラ

「とても若い選手たちがいて、非常にダイナミックだ。日本は最後まで動き続ける美学を持っているし、逆境に立ち向かってくる。

そして我々はあらゆることに注意を払わなければならないよ。

今日では『結果が嘘をつく』ことがあるからね。注意しなければいけない。

日本は多くのゴールを逃した。彼らはあのときに決定力を欠いていた、しかし多くのチャンスは作っていたよ」

とはいえ、ディエゴ・ゴディン+ホセ・ヒメネスの最終ラインとルイス・スアレス+エディンソン・カバーニの攻撃陣は世界最高クラスであるとも認め、チームの強さも信じていると話したという。

【関連記事】 コパ・アメリカからプレミアへ?移籍の可能性がある8名のスター選手

コパ・アメリカ2019グループステージ第2節のウルグアイ対日本は、21日の午前8時(日本時間)にキックオフされる予定だ。