『Digi Sport』によると、本人は試合中のゴールポスト付近にTシャツを置いていると述べたとか。

アンドレイ・ラドゥ
アンドレイ・ラドゥ

「イタリアにいた時からエマとともにいる(2013年にインテルに引き抜かれている)。

このTシャツは彼女へ捧げるために作ったものだ。

いつもゴールマウスに連れて行っているよ!

幼い頃に世界中のスタジアムに彼女を連れて行くと約束したんだ。

このシャツは右側のゴールポストに置いている。近くにあると一緒にいると感じられるのさ」

ルーマニア男子サッカーは1964年の東京オリンピックで準々決勝に進出したが、それ以降は一度も五輪出場がないそう。

【関連記事】 サプライズあり?東京五輪で日本代表の「10番」を背負うかもしれない5人

56年ぶりのオリンピック出場を目指すなか、現地でもラドゥとエマを東京に行かせたいという声があるようだ。