セリエA8連覇を成し遂げたユヴェントスはマウリツィオ・サッリ氏を新監督に招聘した。

新指揮官はクリスティアーノ・ロナウドとパウロ・ディバラらをどういった形で共演させるのか。

『Corriere della Sera』などによれば、サッリ監督はファビオ・パラティーチ(スポーツディレクター)とともにコートダジュールでバカンス中のロナウドのもとを訪問したそう。

ロナウドのヨットで緊急会談が行われたというが、彼は“偽9番”で起用される可能性もあるようだ。

【関連記事】 「コンバートされたポジションで『達人』になった10人」

サッリ監督はエンポリやナポリで4-3-1-2システムを使っていたこともある。新生ユーヴェでロナウドがリオネル・メッシのような“偽9番”としてプレーすることはあるのだろうか…。