(今は日本に多くの選手が来る。君はそのトレンドの前にやってきたね。なぜそうなった?)

「QPR時代にマレーシアに行ったことがあり、その素晴らしさを覚えていた。天気はいいし、スタジアムも雰囲気が良かった。

その後タイに移籍する事になったが、そこのリーグは全く合わなかった。正直に言えば、僕は契約を解除してくれるようクラブに頼んだ。

日本に来る前に、サッカーの文化についてはもう少し調べたよ。これは本当に上手くいった。ここでの時間を本当に楽しんでいる。

ジーコやリネカーのようなレジェンドがどうしてここに来たのか、なぜ今なお多くの選手が日本に来るのか、その理由は簡単にわかる」

(37歳になって、契約は今季限りだ。次はどうなる?)

「僕は外国人だし、37歳だ。1年契約になるのは当然だよ。引退についてはまだ全く考えていない。自分が望むレベルを保つためにかなりのお金を費やしている。

ディフェンダーを置いてけぼりにすることができる限りはプレーし続ける。脳がイメージすることができなくなったら、やめることを考えるよ。

だけど、その時が来ることはわかっている。日本で引退することになるだろうね」

【関連記事】 大物ずらり!Jリーグでプレーする世界的な外国人10名

37歳になったものの、まだ引退については考えていないというジェイ。しかしそれまでは日本を離れるつもりはないとのことだ。