この夏の去就が注目される大物選手のひとりである、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト。

クリスティアーノ・ロナウドが直接勧誘したこともあってか、ユヴェントスが争奪戦をリードしていると伝えられている。

ただ、ここにきて、デ・リフトはユーヴェ移籍を躊躇っているとも。

『beIN SPORTS』によれば、マウリツィオ・サッリ新監督のプレースタイルのもとで自らが進化できるかを疑問視しているとか。

ただ、『La Gazzetta dello Sport』では、サッリ監督はデ・リフトを説得したと逆の話を伝えているのだが…。

【関連記事】「デ・リフトを逃したクラブが獲るべき5名のセンターバック」

マンチェスター・ユナイテッドも獲得を狙っているというデ・リフトだが、まずはアヤックスの練習に戻るとも伝えられている。