14日に行われたUEFAスーパーカップは、チャンピオンズリーグ王者のリヴァプールがPK戦の末に優勝を果たした。

一方、僅かなところでタイトルに手が届かなかったのがヨーロッパリーグ王者のチェルシー。新たな指揮官フランク・ランパードの下で初の公式戦は、やや苦々しいものになった。

しかし、その中で非常に大きな存在感を見せた選手の一人が守護神のケパ・アリサバラガ。後半29分にはこんなビッグセーブを連発!

コーナーキックからモハメド・サラーのシュートを辛うじて弾くと、更にファン・ダイクが詰めたところをなんとかブロック!会心のセーブに彼自身もガッツポーズを見せた。

120分で2失点を喫し、さらにPK戦では5人連続で決められてしまったケパであるが、チェルシーのGKとしてのプライドは保った。シーズンではどんな活躍を見せるだろうか。