2019-20シーズンが開幕したスペイン1部リーグ。レアル・マドリーは敵地でセルタを1-3で下して、白星発進を飾った。

後半にルカ・モドリッチが退場になったが、嫌なムードを打ち消したのはトニ・クロースの衝撃ゴール。驚愕の一撃がこれだ!(動画4分30秒~)。

インステップ気味のインフロントキックでまさかの距離からコースを射抜く完璧な一撃!セルタはあまりにもフリーにさせすぎたか…。

クロースはこれでセルタ戦で5ゴール目。リーガの対戦相手で最も多くのゴールを奪っているとか。

試合後、ジダン監督は「最初から完成された試合をできた。10人でのプレーには苦しんだが、満足している。ここは難しい場所だからね」とコメント。レアルは第2節でバジャドリーと対戦する。