プレミアリーグ第2節、リヴァプールは敵地でのサウサンプトン戦に1-2で勝利した。

乱入ファンからタックルされて足首を痛めたリヴァプールGKアドリアンもフル出場。

ただ、後半38分にダニー・イングスにボールを蹴り当てて失点するという痛恨のミスを犯してしまった。

『Guardian』によれば、試合後のクロップ監督は彼についてこう述べていたという。

ユルゲン・クロップ(リヴァプール監督)

「いいことが多くあった。

だが、83分にスクリーンに映ったアドリアンは、『自分は本当にいいプレーをした。だから、アリ(ソン)がやったのと同じミスをしなきゃいけないのかも』と思ったのさ。

そして、ゲームをちょっとオープンなままにした。相手がやってきて、イングスがビッグチャンスを得た。通常のことさ。

あの時、選手たちは疲れを感じていたんだと思う」

「(アドリアンには)こう言ったよ。『よくやった。アリも同じことをやったんだ。リヴァプールのGKがやることさ』ってね。

だが、勝てば問題はない。この時期なのに彼へのバックパスが多過ぎた。

彼がやった全てのこと、全てのセーブにハッピーだよ。

ビルドアップでは他の選手たちがより責任を感じる必要がある。全てのバックパスを彼に出すことはできない」

守護神アリソンも同じようなミスをやったとフォローしたうえで、ボールを回すフィールドプレイヤーの責任にも言及。アドリアンを責めることはなかったようだ。