多くの才能がひしめいているバルセロナの下部組織。通称「ラ・マシア」と呼ばれるアカデミーだ。

その中で今期待されている選手の一人がイレ・モリバ。ギニア出身であるがスペイン国籍を持ち、16歳ながらも19歳以下のカテゴリに所属している「飛び級」だ。

若きMFが見せた素晴らしいドリブルでのチャンスメイクがこれだ。

これはオランダで毎年行われている19歳以下の大会オッテン・カップでの一幕。主催しているPSVを相手にした試合だ。

イレ・モリバは「新しいヤヤ・トゥレ」と期待されているが、これを見ればウスマヌ・デンベレと匹敵するようなドリブルでの持ち込みだ…。

すでにマンチェスター・シティやユヴェントスらが引き抜きを検討していると言われるモリバ。これからのキャリアが楽しみである。