プレミアリーグ3連覇を狙うマンチェスター・シティ。3-1で勝利した直近のボーンマス戦では、こんな圧巻のゴールも話題になった。

えげつないわ…。

そのシティと優勝を争うと予想されているリヴァプールは唯一の開幕3連勝を達成。今季もこの2強がリーグを牽引しそうだ。

では、シティMFイルカイ・ギュンドーアンは、かつての上司クロップ監督が指揮するリヴァプールをどう見てみるのか。『Liverpool Echo』によれば、こう話していたそう。

イルカイ・ギュンドーアン(マンチェスター・シティMF)

「最近のリヴァプールがとてもよくやっているのは事実だ。

それは優勝候補になる相当なクオリティを備えたチームがいるということも示している」

「それはリーグにとっていいことだし、僕らにとってもいいことかもしれない。

リヴァプールにとっても僕らがいることはいいことだ。争いになるだろうね」

「楽なものにはならないだろう。だから、僕らは勝たなくてはいけない」

昨季タイトルを激しく争った両者。ただ、力が拮抗した相手がいることで互いに切磋琢磨できているという考えのようだ。