7節を消化した英プレミアリーグで現在3位と好調のレスター・シティ。

2019-20シーズンのユニフォームは5月に各キットがリリースされたが、ここでは“ふたつのアウェイキット”をご紹介。通常はどちらかがサードキットとして発表されるのだが、クラブはどちらもアウェイに位置付けている。

Leicester City 2019-20 adidas Black Away

レスター・シティ 2019-20 adidas ユニフォーム

アウェイキットの一つは、レスターでは珍しくないブラックをベースカラー。ドットのグラフィックを落とし込んだデザインだが、これは今季のadidasのテンプレート「TIRO 19」をそのまま使用。

レスター・シティ 2019-20 adidas ユニフォーム

パンツとソックスもブラックを基調としたデザインで、全身同色でまとめる。ブラックはレスターでは

Leicester City 2019-20 adidas Pink Away

レスター・シティ 2019-20 adidas ユニフォーム

もう一色のアウェイは、なんとピンク!キットカラーにレッドを使うことは珍しくないが、ピンクはおそらくクラブ史上初と思われる。このドイツ代表ユニフォームのようなデザインは、adidasのテンプレート「Campeon 19」をそのまま使っている。つまり、今季のアウェイはどちらもテンプレートの流用で、個性が感じられない。

レスター・シティ 2019-20 adidas ユニフォーム

パンツはブラックで、ソックスはピンクという色の組み合わせに。このピンクのキットはどちらかというと、レスターの女子チームでの着用が目立っている。