一時はレアル・マドリーからの解任も囁かれたジネディーヌ・ジダン監督。チームはCLでいまだに勝利なしだが、ラ・リーガでは首位に立っている。

そのジダン監督は3人目の息子をトップチームの練習に参加させたと、『Marca』が伝えている。

エンツォ、ルカに続く三男のテオだ。17歳の彼はフランスのユース代表経験も持つ大型MF。こんな父親譲りのテクニックも披露したことも!

普段はフベニルAでプレーしているが、代表組などがいないトップチームの練習に招かれたとのこと。

なお、四男のエリアスもレアルのカンテラに所属している。