プレミアリーグ第9節、マンチェスター・ユナイテッド対リヴァプール戦がオールド・トラッフォードで行われた。1-1の引き分けとなった一戦では、こんなVARシーンも話題になっている。

これで開幕からの連勝が止まったリヴァプールのクロップ監督は、VARに苦言も呈していた。

そんな一戦について、『BBC』などが気になる話題を伝えている。

ユナイテッドは人種差別的罵声を浴びせていたというファンを試合から追い出していたとのこと。標的になっていたのは、リヴァプールDFトレント・アレクサンダー=アーノルド。 

もし嫌疑が事実だと証明された場合、その人物を生涯出入り禁止にするとユナイテッドは発表している。

マンチェスター・ユナイテッド

「人種差別やいかなる差別も絶対に受け入れられない。我がクラブの価値観を反映するものでもない。

昨日の試合でホームセクションの個人が人種差別に関わった疑いがある件を我々は認識している。

この個人は特定され、スタジアムから追放された」

リヴァプール側はユナイテッドの迅速な対応を評価する声明を出している。