今シーズンからプレミアリーグでも導入されたVAR(ビデオアシスタントレフェリー)。だが、その運用を含めて問題になるシーンが散見されている。

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督もこのシーンに苦言を呈していた。

マンチェスター・ユナイテッド戦でファウルを貰えなかったあのシーンだ…。

そうした中、リヴァプールMFジェームズ・ミルナーがVARについて言及した。『Guardian』によれば、こう述べたという。

ジェームズ・ミルナー(リヴァプールMF)

「(VARの)ファンでは全くないね。

自分のなかの古臭い部分かもしれない。でも、VARについてはいまだに議論が多過ぎると思う。

ゴールラインテクノロジーは素晴らしいよ。すぐに決定が下される。黒か白だ。

だが、決定に対して意見がある時にVARを使うのは非常に難しい。雰囲気が台無しになる。

得点して大騒ぎになってからVARになる。で、待つ。それがゴールかね?

(レスター戦でVARでの)PKの経験をした。

PKになるのかの議論がされていたので、あれは新しい経験だった。

(VARは)使えると思う、もし改善できればね。

でも、フットボールは人間がミスをするゲームだ。審判の行為も同じくね。

彼らはとても大変な仕事をしている。彼らを楽にすることには大賛成さ。でも、試合の流れを犠牲にすることではない。

もしVARから論争が取り除かれたら、自分は100パーセント支持するよ。

でも、VARについていまだに議論がある。

フットボーラーたちの多くが(自分の意見と)違うように感じているとは思わない」

【関連記事】リヴァプール史上最高の「0円移籍」TOP5

自伝でもVARが大嫌いと綴っているミルナー。現時点では問題があるとしつつ、改善されれば使えるという考えでもあるようだ。