プレミアリーグ第12節、トッテナムFWソン・フンミンはシェフィールド・ユナイテッド戦でゴールを決めた。

先日のエヴァートン戦でのレッドカードが撤回されたソンは、CLに続いて2試合連続得点。感情を爆発させたゴールシーンがこれ(以下動画26秒~)。

ボックス内でこぼれを拾うと、素早いターンからGKの股を抜くシュートでゴールを奪ってみせた。その直後には感情を爆発させて膝滑り。

ただ、試合は1-1の引き分けに終わり、スパーズは12位と苦しんでいる。

マウリシオ・ポチェッティーノ監督は「様々な理由で期待されるようなパフォーマンスを見せられていないのが現実。自信をつけようとしており、チームはベストなバランスを見つけようとしているところだ。いい順位にいることができていない」と述べていた。