アーセナルのキャプテンを剥奪されてしまったグラニット・ジャカ。問題視されたサポーターへの振る舞いがこれ。

ブーイングに感情を抑えられず、ユニフォームまで脱いでしまった…。

本人はアーセナルで続ける意思を示している一方で、1月の退団説も噂になっている。

『RSI Sport』によれば、ジャカは冬の移籍市場でACミランに移籍することを考慮しており、すでにミラノで家を探しているという。

ミランにはジャカのことをよく知る元アーセナルCEOのイワン・ガジディス氏が在籍しているが、果たして…。