前田大然が所属するマリティモは監督交代後の初戦で王者ベンフィカと対戦した。

左サイドで先発した前田はチャンピオンを脅かすシーンも。開始4分に訪れたあわやの場面がこれ。

ボックス内でこぼれ球に反応し、鋭いボレーシュートでゴールを狙う!だが、GKオディセアス・ヴラホディモスのセーブに阻まれ得点にはならず。

結局、マリティモは4-0で敗れ、公式戦8試合勝ちなし。

ただ、FWエジガル・コスタは「選手たちは監督の新しい考えを楽しんでいる。だから、これからは多くの試合に勝つはずさ。残念ながら負けたけれど、チームはこのアイデアを望んでいる」と手応えも口にしていた。