プレミアリーグ3連覇を目指すマンチェスター・シティだが、首位リヴァプールとの勝点差は11ポイントに広がってしまった。

先日のニューカッスル戦は痛恨の引き分け。元リヴァプールのジョンジョ・シェルヴィにとんでもないゴールを決められてしまった(以下動画1分30秒~)。

サイドネットにズドン!実況も「スーパーストライク」と大興奮していた。

ただ、指揮官に冬の移籍市場で補強を行う考えはないようだ。『Sky Sports』によれば、ジョゼップ・グアルディオラ監督がこう述べたという。

ジョゼップ・グアルディオラ

「1月にはどんな選手も欲しくない。

今後4~6年で1月に信じられないほどのチャンスがきた場合には検討しうる。

だが、不可能だ。通常の場合は我々が関心を示しうる選手たちを相手クラブは売ろうとしない。

(夏に)センターバックを獲得できなかった。

フェルナンジーニョをこのポジションに適応させることに決めた。そういうことだ」

センターバックを含めて補強するつもりはないとのこと。