先日のアーセナル戦で2ゴールを叩き出したフランクフルトの鎌田大地。

ブンデスリーガでもネットを揺らしてついに初ゴールか…というシーンがあった。ヘルタとの第14節で取り消されたゴールがこれ(動画2分6秒~)。

コスティッチのクロスをパシエンシアがスルーして鎌田が仕留める!

見事なコンビネーションで奪った初ゴールかと思いきや、VARによってコスティッチにファウルがあったとして得点は取り消し…。

鎌田と長谷部誠がフル出場した一戦はフランクフルトが土壇場で2-2の引き分けに持ち込んでいる。

試合後、コスティッチは「今日は勝つべきだったが、こういう試合もある。残念ながら勝点2を逃したが、スカッドには質があるし脅威になっている」とコメントしていた。