ブンデスリーガ第15節、大迫勇也が所属するブレーメンは王者バイエルン・ミュンヘン戦に6-1で大敗した。ミロト・ラシツァの一発で先制するも、その後はバイエルンが怒濤のゴールラッシュ。

そのなかで、フィリペ・コウチーニョはハットトリックの大暴れを見せた。極上ループに、得意の必殺シュートまで決めるなど圧巻のパフォーマンスを披露。その超絶シーンがこれ(以下動画3分25秒~)。

ダヴィド・アラバのロングボールに抜け出すと、GKをあざ笑うスーパータッチでループ!

さらに、5分40秒~からのシーンでは得意の位置からファーに巻いた必殺シュートを叩き込んでみせた。

バルセロナでは不遇を囲ったコウチーニョだが、リヴァプール時代のような得点感覚を取り戻しつつあるのだろうか。ハサン・サリハミジッチSDは「コウチーニョにできることを我々は目にした。最高に嬉しいね」と讃えていた。