このところサッカービジネスは拡大の一途をたどり、選手の価値や給与がうなぎのぼりとなっている。

一方、かつては「贅沢なライフスタイルを持つ選手」として知られたケヴィン=プリンス・ボアテングはこのところおとなしい存在に。

サッスオーロでプレーしている彼は『Bild』に対して以下のように話したそうだ。

ケヴィン=プリンス・ボアテング

「サッカー選手にとってのお金は、すべて『呪い』だ。

サッカーは今やただのビジネスである。我々の存在もすべて数字にすぎない。合わなければ取り替える。それ以上のものではない。悲しいことに。

どれだけの選手が練習に喜んで参加するのか、どれだけの選手が楽しめているのか、調査が必要だ。

サッカーはプロの仕事だが、非常に高給だ。それがストレスの源になる。

プレッシャーは非常に大きい。だから鬱病は日常茶飯事であり、楽しめない時があるものだ。

私も以前はいつも楽しんでいた。才能を発揮しない若者を見るとイライラする。その才能を捨てることがどういう意味を持つのか、私はわかっているからね。

19歳でメルセデスを運転し、高い給与をもらい、幸せに生きている。才能を備えているから、余分な練習はなにもしない。

プレイステーションでサッカーをし、Instagramに投稿する。練習では最後に現れ、最初に帰る。

そのようなことを自分もやった。しかし、そんなことはこれ以上してはいけない」

(タトゥーだらけの自分の体について)

「何も入れなければよかったよ。今やなにもないほうが美しい。誰もが目一杯タトゥーを体に入れているからね。

タトゥーは防護壁だ。裸になっても守られていると感じる。それがまさに僕が望むものだった」

彼がかつてサッカーに集中していなかったこともあり、なんとも実感がこもったコメントだ…。

ちなみに、夏にケヴィン=プリンス・ボアテングはミュージシャンとして歌をリリースしている。