悲願のプレミアリーグ初優勝に近づくリヴァプール。この夏にはドイツ人GKロリス・カリウスがチームに戻ってくるようだ。

彼が2018年のCL決勝でやってしまった伝説的ミスがこれ。

何度見ても痛恨…。

カリウスは2018年夏に2年間のローンでベシクタシュに移籍。だが、『The Athletic』によれば、725万ポンド(10億円)で買い取られる見込みはなく、リヴァプールに復帰するという。

とはいえ、ユルゲン・クロップ監督のトップチーム入りできる望みはほぼないとも。カリウスに近い関係者も、今後数か月で劇的な変化がない限りは本人も先に進むこと(移籍して退団)を望んでいることを認めたそう。

リヴァプールも契約が2021年まである彼に対するオファーを受け入れる見込み。夏に一旦復帰したうえで新天地を目指すということになりそうだ。