リヴァプールのエースとして活躍するモハメド・サラー。先日のマンチェスター・ユナイテッド戦では、試合終了間際に電撃カウンターを決めた(動画5:13~)。

圧巻のスピードと決定力!これこそサラーのゴールだ。

しかし、時には「リヴァプールのサポーターからそれほど支持されていない」とも伝えられている。

その理由について、『Sky』の解説者ギャリー・ネヴィルは以下のように説明したとのこと。

ギャリー・ネヴィル

「サラーのような選手を置き換えるのは簡単ではない。

私は18ヶ月前に言った。モハメド・サラーはリヴァプールを離れるだろうとね。

なぜリヴァプールのファンがサラーへの愛を見せないのか。それはシンプルだ。忠誠心や親近感の問題だ。

思うに、彼はリヴァプールを退団してレアル・マドリーやバルセロナに行きたがっている。彼は大きな移籍をするだろう。

これはモハメド・サラーへの批判ではないよ。私はベッカムやファン・ニステルローイ、クリスティアーノ・ロナウドとプレーした。

彼らはバロンドールを取ることを望み、レアル・マドリーでプレーしたがった。世界最大のクラブで」

レアル・マドリーやバルセロナでプレーしたいという雰囲気が感じられるから…ということだろうか。