先日行われたエヴァートン戦の開始直後、失点に繋がる大ポカを犯したマンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘア(動画16秒~ Youtubeに飛んで御覧ください)。

キックをドミニク・カルヴァート=ルウィンにぶつけて失点するというなんとも珍しいミス…。

『Sky』で解説者を務めていたロイ・キーンは以下のように話し、デ・ヘアに対しての怒りをこうぶちまけたという。

ロイ・キーン

「監督であったとしても、選手だったとしても、私は彼を殺す!みんな彼を殺すだろう!

デ・ヘアはあまりにも賢すぎるゴールキーパーだ。彼はあまりにも時間をかけすぎる。彼は何を待っていたんだ!?

マンチェスター・ユナイテッドにとって今はトップ4に入るためにとても重要な瞬間だ。そして経験豊富なゴールキーパーもいる。何を待っているんだ…。

そこにはおそらく少し傲慢さがあると思う。私なら、デ・ヘアをハーフタイムにリンチしただろう!このようなことを続ける時間はない」

マンチェスター・ユナイテッドの「闘将」として知られたロイ・キーン。デ・ヘアをそろそろ替えるべきだと感じているのだろうか…。