先日、パラグアイのホテルで逮捕されてしまった元ブラジル代表FWロナウジーニョ。

偽のパスポートを使用したという容疑により、彼と兄のロベルト・アシス、そして仲介したブラジル人実業家らが身柄を拘束された。

手錠をかけられて連行される衝撃的な映像も…。

当初はそのまま保釈されると伝えられたものの、逃亡の恐れがあるとして裁判官がそれを認めず、予防刑務所に勾留されることとなった。

彼らは汚職で逮捕された警察官や政治家、あるいは麻薬密売人などが収められている刑務所の最上階に入れられているという。

そして、パラグアイのジャーナリストであるエルナン・ロドリゲスは、勾留三日目となるロナウジーニョの写真を発表した。

もちろん、いつもの屈託のない笑顔で…。サンダルはもちろんNikeのものだ。

パラグアイでの最大勾留期間は6ヶ月となっているが、今後ロナウジーニョ側の申立により短縮される可能性もある。

彼らは虚偽のパスポートを使用しただけではなく組織的な犯罪に関わった可能性があるとも伝えられており、今後の捜査の行方が注目される。

なお『Globo』の報道によれば、この刑務所では月曜日に屋内フットサル大会が開かれるとのことで、ロナウジーニョもそこでプレーする可能性があるとか…。