黄金世代の一人、高原直泰が2015年に創設したスポーツクラブ、沖縄SV(エスファウ)。

このクラブで「COO(Chief Operating Officer/最高執行責任者)」を務める妙摩雅彦(たえま まさひこ)氏は、高原氏と長い時間をともにしてきたパートナーだ。

サカつく×沖縄SV

沖縄SVに関するすべてを知る妙摩氏(左は「沖縄そば まるやす」大野裕香オーナー)。

Qoly×サカつくによる「リアルサカつく」紹介企画第4弾は、沖縄県全域をホームタウンとして活動する九州リーグの沖縄SVを特集。

『サカつく』プロデューサーである宮崎伸周氏とともに、高原氏との“驚きの出会い”から沖縄SVの誕生秘話まで、妙摩氏にいろいろ聞いたぞ。

(取材日:2020年2月25日)

※インタビューは、沖縄SVの“原点”と言える沖縄県うるま市の「沖縄そば まるやす」で行った。その理由は最後に。

はじまりは1999年…

――さっそくですが、妙摩さんの沖縄SVでの役割を教えてください。

ざっくり、何でも屋です。

一応肩書は取締役COOになっていますけど名前だけで、経営はもちろん、営業、人事、練習では球拾いもしますし、朝5時に並んでグラウンドも確保します(笑)。

――そもそも高原さんとの出会いはいつだったんですか?

1999年ですかね。僕が渋谷でサッカーチームを作ったんです。

ただその時はまだメンバーが足りなくて、知り合いに「サッカーできるやついない?」と聞いたら、「あー、いるよ」と。

それで来てもらったのが、高原でした。

サカつく×沖縄SV