川崎フロンターレ(グレミオ)

川崎フロンターレ(2016 Puma ホーム)

グレミオ(2015 Umbro ホーム)

グレミオの“パクリ”と誤解されることもある川崎Fのユニフォームデザイン。これはもちろん盗作ではなく正式に許可を得たもので、1997年に川崎Fとグレミオが姉妹クラブ関係を締結したことに端を発する。

その契約内容には「ユニフォーム、トレーニングウェア、フラッグ、ペナント等にグレミオのデザインとカラーを使用することを認める」と盛り込まれていた。

【関連記事】ビールからウイスキーまで!「お酒スポンサー」ユニフォーム8選