アメリカで白人警官に取り押さえられた黒人男性のジョージ・フロイドさんが亡くなる事件が起きた。これを受けて、サッカー界でも「Black Lives Matter」を支援する動きが広がっている。

日本代表FW南野拓実も所属するリヴァプールは選手たちが片膝をついて輪になり、「団結は力」というメッセージを送った。その様子がこちら。

これは紅白戦前の光景のようだ。南野は黒のサードユニフォームを着ている。

【関連記事】リヴァプール、いま見てもイケてる「90年代」ユニフォームまとめ

リヴァプールは「ジョージ・フロイドさんの死と世界的な反応を受けて、我が選手たちも団結を示したかった」、「Black Lives Matterへの強力なサポート」としている。