ラ・リーガ第34節、バルセロナはビジャレアルを1-4で撃破した。

チーム崩壊説が囁かれるなか、この日はキックオフから気迫のこもった戦いを披露。そのなかで、リオネル・メッシはルイス・スアレスとアントワーヌ・グリーズマンの得点をアシストしたものの得点はなし。

VARによってゴールが取り消されたほか、得意のフリーキックもバーに嫌われてしまった。

『Radioestadio』によれば、メッシは31本連続でフリーキックを決められていないとか。GKのセーブが13回、壁に当たったのが11回、枠外が5回、バーとポストに弾かれたのがそれぞれ1回ずつだそう。

ただ、メッシの必殺FKに対して、対戦相手も入念な対策をしている。先日セビージャはこんな形で封殺している。

メッシのシュートは完璧だったのだが、ゴールカバーに入ったDFが超絶クリア!

しかも、セビージャは壁の下を抜かれることを防ぐためにひとりの選手が寝転んでもいた。

【関連記事】FKの「モーション」が最高に美しいサッカー選手6選

つい先日、クリスティアーノ・ロナウドがユヴェントスでのFK43本目でようやく初ゴールを記録したことが話題になったばかり。メッシの伝家の宝刀が炸裂する日はいつになるだろうか。