今年からブラジルのボタフォゴでプレーしている本田圭佑。移籍後2試合目でキャプテンマークを託されるなど、チーム内で確かな評価を得ている。

そんな本田がSNSにポストした動画がブラジルで話題になっているようだ。「友達と遊ぶにはサッカーは最高の言語」というタイトルでツイートしたその映像がこれ。

ボタフォゴ選手たちとのリフティング対決でハッスル!めっちゃ楽しそうだ。

前の選手が指定した回数のタッチでボールを回していくというもの。本田も時に突っ込まれたりしており、雰囲気は上々だ。「ワタシ、ワタシ」という日本語を喋っている選手もいる。

【関連記事】なぜ??サッカー史上に残る、背番号「10」に違和感があった5名

『Esporte Interativo』も「サッカーは世界共通の言語。HAHAHA、本田はとってもカリスマ的だ!」とこの映像を紹介していた。