すでに来シーズンに向けてハキム・ジヤシュ(←アヤックス)、ティモ・ヴェルナー(←RBライプツィヒ)を獲得したチェルシー。

昨季は補強禁止処分を受けていたこともあり、フランク・ランパード監督にとっては初の夏のマーケットとなる。

そして今夏は多くの場所でオーバーホールを計画しており、守備陣からは5名が放出される可能性があるという。

『Times』によれば、その候補はクルト・ズマ、アンドレアス・クリステンセン、エメルソン・パルミエリ、マルコス・アロンソ、さらにエンゴロ・カンテであるとのこと。

ランパード監督はカンテをシステムに組み込むことに苦労しているため、彼を売ることで補強資金を調達し、弱点を補う選手を獲得しようとしているとか。

献身的なプレーと飾らない人柄で人気を集めるカンテ。チームからはFIFA20のチーム・オブ・ジ・イヤー(TOTY)を祝うこんな動画も出されていた。

間違いなく高く売れる選手であるが…売っていいのだろうか。

【関連記事】「プレミアリーグ、降格チームから引き抜くべき5人の実力者」

なお、GKケパ・アリサバラガについては獲得時の7100万ポンドを取り戻せるようなオファーは見込めず、ローンでの退団になると考えられている。