マンチェスター・シティはレアル・マドリーを撃破して、UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝進出を決めた。

2-1で勝利した2ndレグではGKエデルソン・モラエスがこんな仰天パントキックを見舞っていたぞ。

この投稿をInstagramで見る
Ederson tem lá calma sff 😳🚀 #ChampionsEleven
ELEVEN(@elevensportspt)がシェアした投稿 -

ものすごい弾道で放たれたキックはなんと相手のペナルティエリア内に“着弾”!あまりの軌道にカメラも全く対応できていない。

ジョゼップ・グアルディオラ監督も彼のキック力の凄さを認めているが、ここでもその異次元ぶりを見せつけていた。

【関連記事】「いま世界で最もボールプレーがうまいGK、TOP7!」

そのペップは「我々が2勝した、これが重要だ。ジネディーヌ・ジダンは決勝トーナメントで負けたことがなかった。準々決勝進出はいいことだ。レアルを撃破したんだからね」と勝利を誇っていたとか。