12日に行われたYBCルヴァンカップのグループステージ第3節、ガンバ大阪はアウェイで湘南ベルマーレとの試合に臨んだ。

ガンバ大阪はすでに決勝トーナメント進出の可能性を失っていたことから、この試合にはJ3を戦うU-23チームの選手を多く起用することに。

その中で大きな注目を集めたのがFW唐山翔自。昨年J3でデビューし、Jリーグ史上最年少ハットトリックを決めるなど衝撃を与えた選手だ。今季は記事トップ画像とは違い、髪の毛を伸ばして雰囲気が変わっているぞ。

そしてトップチームでのデビュー戦となったこの湘南戦。前半12分に山本悠樹からのフリーキックをファーで合わせ、先制ゴールを奪取!(動画2秒~)

さらに39分には奥野耕平からのスルーパスから高木大輔が抜け出し、そこからの折り返しに合わせて2点目!(動画53秒~)

【関連記事】「2020年代にサッカー界を支配する」ヤングスター10名

ゴール前での絶妙なポジション取りでいきなり2ゴールを決めてみせた17歳の唐山、このままJ1でもデビューなるか?