13日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのベスト8、RBライプツィヒ対アトレティコ・マドリーの一戦。

新型コロナウイルスの影響によってスケジュールがかなり延期されたため、ポルトガルでの一斉開催+一発勝負というレギュレーションとなっている。

試合は前半を0-0で折り返し、勝負は後半へ。

そして50分、先制したのはRBライプツィヒ。マルセル・ザビッツァーが入れたクロスをダニ・オルモがヘディングで合わせ、ゴールへ叩き込む。

一方アトレティコ・マドリーも71分にジョアン・フェリックスが自ら獲得したPKを決めて同点に追いつく。

試合が決まったのは88分。途中出場のタイラー・アダムスが放ったミドルがステファン・サヴィッチにあたってゴールイン。RBライプツィヒが土壇場でリードを奪い、試合をものにした。

今季もブンデスリーガで旋風を巻き起こしたRBライプツィヒ。公式がセレクトしたそのトップ10ゴールがこれ。

エースのティモ・ヴェルナーがすでにチェルシーへの移籍が決まったためにチームを離れているが、それでもアトレティコ・マドリーを破ってベスト4進出に成功している。

【関連記事】「CL、W杯、プレミアリーグを全て優勝した最強レジェンド5人」

なお、準決勝は18日と19日に行われる予定となっており、RBライプツィヒとパリ・サンジェルマンのカードが決定している。