今夏RBライプツィヒからチェルシーへと加入したドイツ代表FWティモ・ヴェルナー。移籍金は5400万ポンド(およそ75.5億円)に達した。

スピードと得点感覚を武器に今季ブンデスリーガで28ゴールを決めた彼。その全ゴール集がこれだ。

プレミアリーグでどんな活躍を見せるのか…。

RBライプツィヒは現在UEFAチャンピオンズリーグを戦っているが、すでにヴェルナーはチェルシーへと合流しており、ロンドンに居住している。

『The SUN』によれば、そのヴェルナーは彼女のユリアとともに火曜日にロンドンの高級レストラン「ノビコフ」を訪れていたという。

そして記事によれば、イギリスが行なっているキャンペーン「Eat Out To Help Out」の割引クーポンを使用し、20ポンド(およそ2800円)ほどお得に食事を愉しんだとか。

「Eat Out To Help Out」は新型コロナウイルスの影響で経営にダメージを受けた飲食店を支援するための政策。

8月3日~31日の間、政府に指定された飲食店で10.5ポンド(およそ1465円)以上の消費をした場合、最大で一人あたり10ポンド(およそ1400円)の割引を受けられるというクーポンシステムである。

【関連記事】「チェルシーがドイツから獲得した」9選手、覚えてる?

なかなかしっかりしているヴェルナーと彼女。この分ならば、ロンドンにもすぐに馴染めるだろう。