チェルシーを退団したブラジル代表ウィリアンが選んだ新天地はアーセナルだった。

この数年でチェルシーからアーセナルへ移籍するケースはいくつかある。クラブ公式によれば、ウィリアンはこんな話を明かしていたそう。

ウィリアン

「彼はとても喜んでいるよ。

僕らは代表とチェルシーで一緒にプレーした。そして、アーセナルで再会することになった。

一緒に大きなことを成し遂げられると思っているし、そうなればいいね。でも、また一緒になれたことは本当に嬉しいよ。

『アーセナルに来い、アーセナルに来い、君に来てほしいんだ!』と彼は言っていた。そういうやりとりがあったんだ。

彼はめっちゃナイスガイだし、トッププレイヤーだ。また一緒にプレーできることにものすごくワクワクしているよ。

僕のことをこれまで何度となく手助けしてくれた。チェルシーで何度も辛い時があったけれど、彼がすごく助けてくれたんだ。

彼は手助けをしがる人なんだ、特に経験の浅い若手選手に対してね。どんな人でも助ける人なのさ」

ウィリアンにアーセナルに来いと誘ったのは、ダヴィド・ルイス。モフモフヘアの2人はブラジル代表とチェルシーでもプレーしている。

海外では、ウィリアンを引き抜いたルイスの有能エージェントぶりを讃える声もあるようだ。

そのウィリアンが内田篤人の目の前で決めた懐かしのゴールがこちら(以下動画3分~)。

これはミスだったか…。

【関連記事】「特徴的な髪形をしたサッカー選手」で世界最強のドリームチームを選んでみた

アーセナルでタッグを再結成するモフモフの2人に注目だ。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】