ラ・リーガ第2節、ビジャレアル対エイバル戦が当地で行われた。

久保建英は開幕戦に続きベンチスタートとなり、後半40分から10分ほどプレー。『AS』によれば、ウナイ・エメリ監督は久保らに交代選手についてこう述べたという。

ウナイ・エメリ(ビジャレアル監督)

「タケの投入は勢いをもたらすために準備していた。彼はよくやったよ」

「より経験があり、よりパワーがある選手を置いた。

ヘディングでクリアできる(長身MFビセンテ・)イボーラ、(ダニ・)パレホとアイデアをもってプレーできるマヌ(・トリゲロス)を」

この日は5人の交代枠を使ったエメリ監督。イボーラはフランシス・コクランに代わって58分に投入、トリゲロスはパコ・アルカセルに代わって85分に投入されている。

この試合で久保にあったチャンスシーンがこちら(以下動画5分42秒~)。

これは無念…。いい形だったが、シュートに力がなかった。

【関連記事】エメリ監督の下で最も成長した、5名のアーセナル戦士

試合は2-1でビジャレアルが逆転勝ち。乾貴士は先発、武藤嘉紀はベンチ入りしたものの出場なしだった。