アーセン・ヴェンゲル氏が退任し、ウナイ・エメリ新体制となったアーセナル。

ここでは、『sportskeeda』による「ヴェンゲルが獲得した選手で、エメリ監督のもとで輝いている3人」を見てみよう。

【関連記事】ヴェンゲル監督の22年、アーセナル最高の契約TOP5

アレクサンドル・ラカゼット

アレクサンドル・ラカゼット

リヨン時代、リーグアンで最高のストライカーのひとりと評価されていたラカゼット。そのハイパフォーマンスによって、5300万ユーロ(現レートで67億円)という破格の移籍金でヴェンゲルが獲得するに至った。

デビューシーズンで14ゴールとまともな成績を残したが、エメリ監督のもとでより成長。ピエール・オーバメヤングとの脅威的なパートナーシップを形成している。

得点力を維持しつつ、連携プレーも改善。昨季以上のスタッツを残すことは間違いないだろう。