スポーツにミスは付き物であり、サッカーもミスのスポーツと言われる。そうしたなか、守備でミスをしたDFがチームメイトから暴行されて死亡する事件があった。

『Daily Monitor』によれば、事件はウガンダ北部のランウォ県で起きたという。

死亡したのはディフェンダーとしてプレーしていた22歳の地元ローカルチームの選手。

彼はフレンドリーマッチで失点につながるミスをした後、チームメイトから暴行されたとみられている。

チームメイトたちはミスに怒ってパンチを浴びせるなどした後、一旦は引き離されたという。ただ、試合後に被害者が加害者のひとりを押したことでふたたび喧嘩が勃発。昏倒した被害者は病院へ搬送されたものの、数時間後に死亡したという。

【関連記事】アフリカ勢も デザインが強烈すぎた代表ユニフォーム10選

地元警察は殺人容疑で2人を拘束している。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら