今回のワールドカップでは一つもアフリカの国が決勝トーナメントに進むことができなかった。これは1982年大会以来の事例である。

しかしその一方、アフリカにルーツを持っている選手が非常に多いフランス代表チームは快進撃を続けている。

今回はその23名のうち15名が持つルーツをまとめよう。

スティヴ・マンダンダ(GK)

スティヴ・マンダンダ アフリカ

コンゴ民主共和国の首都キンシャサ生まれ。2歳でフランスに移住した。弟のパルフェ、リフィはコンゴ民主共和国の代表を選択している。

プレスネル・キンペンベ(DF)

プレスネル・キンペンベ アフリカ

コンゴ民主共和国出身の父親、そしてハイチ出身の母親を持っている。U-20はコンゴ民主共和国を選択していた。

サミュエル・ウンティティ(DF)

サミュエル・ウンティティ アフリカ

カメルーンの首都ヤウンデで生まれた。2歳のときに家族でリヨンに移り住み、サッカー選手としてはフランスで育成された。