レアル・マドリーで構想外となり、古巣トッテナムにローン移籍したウェールズ代表FWギャレス・ベイル。

レアル選手たちは昨季のロックダウン中に給与の10%カットに同意していたが、ベイルだけはそれを拒否していたようだ。

『Cadena SER』によれば、代理人から助言を受けたベイルは給与は一切減らさないという姿勢だったという。

スパーズでの再デビューが近づいているベイル。プレミアリーグではどんでもないゴールを決めてきた。

まさに別格!モンスター級のスーパーゴールを連発している。

新型コロナウイルスの影響で多くのクラブが打撃を受けており、レアル選手たちは給与カットに加えて、リーガの優勝ボーナス放棄にも同意している。