今季の移籍市場でオランダ代表DFナタン・アケとポルトガル代表DFルーベン・ディアスを補強したマンチェスター・シティ。

2人を先発させたアーセナル戦に1-0で勝利している。ジョゼップ・グアルディオラ監督はBBCの試合後インタビューでこう述べていた。

ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)

「ナタンはDFなので自分の仕事を完璧に分かっている。

彼はミスをしない。そうなるのは、彼は信じられないくらいナイスガイだからさ。

ナイスガイはいつもいいプレーをする。これが私の理論だ」

人間的にいい選手はいいプレーをすると述べていたペップ。ディアスについては、ヴァンサン・コンパニと比較すべきではないと語っている。

ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)

「彼とヴァンサンを比べるのは大間違いだろう。ヴァンサンもルーベンも唯一無二だ。

彼は22、23歳でエデルソンと同じくらいだ。

2人とも守備者だ。ナタンもルーベンもミスをしない。昨季の我々は大いに苦しんだ。特に昨季は自分たちのミスに苦しめられた。

我々は改善しなければならないが、彼らは本物のDFだと感じている。

ルーベンについて最も大事なのは、彼がリーダーだということだ。近いうちにチームを牽引するだろう」

ちなみに、ディアスは23歳、アケは25歳、エデルソンは27歳。ペップも絶賛するエデルソンはとんでもないキックが話題になってきたGKだ。

GKなのにピンポイントパスでチャンスメイクしてしまうほど。

シティは今週のCLでポルトと対戦する。