膝の故障で離脱していたマンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロ。アーセナル戦で4か月ぶりに実戦復帰を果たした。

ただ、女性副審シアン・マッシー氏への振る舞いが物議を醸している。

相手ボールのジャッジに不満だったアグエロ。背を向けた彼女の首・肩付近を掴んで、自分のほうを振り向かせようとした。

力を込めた掴み方ではなかったが、マッシー氏はアグエロの手を振り払うような仕草を見せていた。

このアグエロの行為に対して、「副審が男でも同じことをしたか?彼女は明らかに不快そうだ」などと指摘する声があがっている。

通常は審判を掴むなどした場合にはイエローカードの対象になるが、アグエロにカードが出されることはなかった。

また、『Guardian』によれば、アグエロがこの件で遡及的に処分されることはない見込みだそう。