中島翔哉が所属しているFCポルトは、21日に行われたUEFAチャンピオンズリーグの初戦でマンチェスター・シティとのアウェイゲームに臨んだ。

この試合で中島翔哉は登録メンバーに入るもベンチスタートとなったが、彼が得意とする左サイドで起用された23歳のコロンビア人FWルイス・ディアスが素晴らしいゴールを決めた。

前半14分、左サイドで縦パスを受けた彼はドリブルを開始。中央に切れ込むとカイル・ウォーカーのプレスバックを振り切り、更に右へ進行していく。

ロドリのプレッシャーを外してペナルティエリア右に侵入すると、小さなフェイントでブロックを誘いカンセロを置き去りにし、そして右足!

放たれたシュートはエデルソンの脇を抜いてゴールに突き刺さり、素晴らしい得点が決まったぞ。6秒ものドリブルを続けてからのスーパーシュートだった。

ただ、このあとポルトは後半立て続けの失点を喫してしまい、3-1というスコアで敗戦。中島翔哉は後半途中から出場しているが、得点には絡めなかった。