プレミアリーグ第6節、リヴァプールはホームでのシェフィールド・ユナイテッド戦に2-1で勝利した。

前半13分にPKで先制されるも、ロベルト・フィルミーノとディオゴ・ジョタのゴールで逆転勝ち。ただ、ユルゲン・クロップ監督はPKのジャッジに不満だった。

『Sky Sports』の試合後インタビューでこう述べていたのだ。

ユルゲン・クロップ(リヴァプール監督)

「あのPKはファウルでさえなかった。6試合のうち3つで我々は間違った判定をされている。

あれはシェフィールドにとって確かな後押しになった」

エヴァートン戦では決勝ゴールがVARで取り消されたリヴァプール。クロップは「不当な仕打ち」という言葉も使って、判定への不満を吐露していたようだ。

PKをとられた問題のシーンでは、ファビーニョにエリナ内でファウルがあったと判定された(以下動画1分~)。

位置がかなり微妙だったが、クロップはファウルでさえなかったと思っているようだ。

ただ、クロップは「彼らは決して諦めない。私は相当にリスペクトしているよ。彼らはGO、GO、GOだ。クリス(・ワイルダー監督)は素晴らしい仕事をしている」とシェフィールドを讃えてもいた。

フィルヒル・ファンダイクを長期離脱で欠くリヴァプール。来月にはアタランタ、マンチェスター・シティ、レスターとのビッグゲームが控えている。