今夏、レアル・マドリーからトッテナムにローン移籍したギャレス・ベイル。31歳になった彼は2013年以来7年ぶりに古巣に戻ってきた。

ただ、まだ100%の状態には至っていない。『A Bola』によれば、ジョゼ・モウリーニョ監督はベイルについてこう述べたという。

ジョゼ・モウリーニョ(トッテナム監督)

「7年は長い。だが、7年前と同じ選手がこの世界にいるかい?

いいとか悪いではなく、単純に違うのだ。

ロナウドとメッシを見て、7年前の姿と比べてみてくれ。

彼らだってもはや同じではないし、ほとんどの選手に起きたようにベイルも変わった。

もはや同じ(選手)ではない。

私はベイルを信じている。ハードワークをしているし、練習は一度も休んでいないからね。

90分はプレーできないが、まだ途中であり、最高レベルを見つけ出すだろう」

もはや7年前のベイルではなくなったとしつつ、それはどんな選手も同じだと語っていたようだ。

第一次スパーズ時代のベイルはまさにモンスター級だった。

左足からえげつないスーパーゴールを量産!

ただ、モウリーニョの言葉からすれば、この頃と同じプレーを求めるべきではないということだろうか。